前へ
次へ

デートの支払い問題

デートをしたとき会計の際に男性と支払いを割り勘にするべきなのかどうすべきか悩んだとき、どうふるまうのがベターなのでしょうか。

初めてのデートの際は、男性の側も印象を良くしたいという思いや気遣いもあるので支払いをしたいと考える人も多いようです。
しかし、そういったときであっても会計の際には必ず財布を出して「自分にも支払う意思はあります」ということを見せるようにしましょう。
また支払ってもらったときもそれを当たり前と考えるのではなく、必ずお礼を言うようにすると好感度もアップしますし、次のデートにも繋がりやすくなります。

ただ、自分にも収入はあるし相手にばかり支払わせるだけなのは気が引ける場合や相手と対等な関係でありたいと考える女性もいるのではないかと思います。
そういった場合には次に入る店のお茶代など違うところで支払うようにする、あるいは店を出た後相手に渡すようにするようにするようにするとスムーズにいきそうです。
また後で支払う場合は会計などのときに必ず後で支払うという意思を伝えておく方が良いでしょう。
こうしておくと支払う意思がない人という誤解を持たれずに済みます。
また相手と会話をしていて大丈夫そうと感じるのであれば、思い切って割り勘をこちらから提案してみるのもおすすめです。

また、本格的に交際を始めてからは記念日等を除いて割り勘にしたり、男性の方が少し多めに支払うようにしているカップルが多くなるようです。
実際、いつも全額を支払うとなると男性側にとって金銭面での負担はかなり大きくなります。
相手と長く交際を続けたいと考えているのであれば男性側にいつも支払ってもらうのではなく、ある程度は自分でもきちんと支払いをするように心がけておきましょう。

デートのお会計の場面は相手の考え方や性格・価値観などが現れやすい部分です。
全額出そうとする人なのか、それとも割り勘にしようとするのか等相手のふるまい方をよく見ておきましょう。
その時にちょっと自分とは合わないと感じることがある相手とは長く付き合える可能性は少ない相手ともいえるでしょう。

また支払ってもらったとき相手にお礼を言わなかったり、支払ってもらうことを当たり前と思って行動をしていると思いやりがない人という印象を与えてしまいます。
また結婚を考えた相手としてみている場合、支払ってもらうことを当たり前と思って行動をしている相手は金銭感覚がない人と思われることが多いようです。

Page Top