前へ
次へ

離婚歴のある人が婚活を成功させるのに必要なこと

離婚歴がある人は結婚できないのではないかと思われることも多いかもしれません。
しかしある統計調査によると、日本の離婚率は大体30%~35%前後となっています。
つまり結婚した夫婦のうちの3組に1組くらいの夫婦は離婚をしているということになります。
このように離婚はけして珍しいことではありませんし、離婚歴のある人に対する社会の見方も以前とは変わりつつあります。

また離婚歴のある人でもいいと考える人や離婚歴のある人を対象にした婚活パーティなどもあります。
ですので、離婚歴がある人でも絶対に結婚できないとは言い切れません。
こういった離婚歴のある人が婚活を成功させるのに必要なことがいくつかあります。

まずは、離婚歴があるということは不利であるということを理解したうえで行動をするということです。
離婚歴があるということは珍しくないとはいえ、女性の場合は特に初婚の人の方が選ばれる確率は高くなります。
そのことを分かったうえで相手と接しましょう。
またトラブルを防ぐためにもプロフィールなどは嘘をつかず正直に書いておくことがおすすめです。

次に必要なのは前の相手と比べないということです。
これは初婚の場合の婚活にも言えますが、誰かと比べられるということは相手を不快にする要素にしかなりません。
どうしても比べてしまうことはあるかもしれませんが、前の相手はこうだったのに…というようなことは言わないようにしましょう。

また前の結婚相手との間に子どもがいる・一緒に暮らしているということもあると思います。
ですので、特に相手が子どもと一緒に住んでいるという場合には、徐々に子どもとも仲良くできるように努力をしましょう。
子どもと再婚を考えるお相手の仲が悪いことはもめる原因にもなりますし、子どもを無視して再婚の話を進めることはしないようにしましょう。

また相手に何もかもを求めすぎないようにすることも大切なことです。
理想が高すぎると相手から避けられやすくなるなど、高すぎる理想は結婚を遠のかせてしまいます。
「何もかも完璧な人はいない」ということを念頭に置いたうえで、自分が相手に望む条件を書き出しましょう。
そしてその中から自分が譲れない条件を2~3点に決めて、相手を探すことがおすすめです。
また譲れない条件をどう選べばよいのか迷ったときは結婚してから変えられる可能性がある体型や趣味などではなく、価値観や性格など変えにくいものを重視しておくとうまくいくでしょう。

Page Top