前へ
次へ

交際相手とケンカしたときの対処法とおすすめの方法

交際期間が短くても長くても交際相手と様々なことでケンカになることは珍しくないのではないかと思います。
ケンカが長引くとお互いに気まずいですし、別れる原因になる場合もあります。
ケンカをしたときに相手との仲をこじれさせないためにはどうしたらよいのでしょうか。

ケンカの内容などにもよりますが、遅刻や約束を破ったなど明らかに自分に非があるときはなるべく早く謝罪をする方が無難です。
時間を空けすぎてしまうと謝るタイミングを逃しやすくなりますし、それまで相手との間に気まずい空気が流れることにもなります。
そうならないためにもなるべく早く謝るようにしましょう。

頭に血が上った状態になっていて相手と冷静に話し合うのが難しい場合は、1~2日ほど間をあけましょう。
時間を置くことである程度冷静にもなれますし、ケンカした相手の気持ちや自分に対して反省する時間にもなります。
ケンカをするときどちらか一方にだけ非がある場合はそれほど多くありません。
自分から謝るなんてプライドが許さないと思っている人もいるかもしれませんが、こういったときこそ余計なプライドは捨ててきちんと謝るようにしましょう。
ただ、中にはプライドが高くてなかなか自分からは謝れない人もいます。
そういったタイプの人が交際相手の場合は自分から謝った方が仲直りもスムーズに行きそうです。

結婚などお互いの将来にかかわるようなことでケンカになった場合も一度自分の頭を整理できる時間を作るようにしましょう。
ただし、あまり間が空きすぎてしまうと謝罪するのが面倒になってしまったり相手に愛想を尽かされる可能性もあるので、期間を空けるとしても1週間程度にとどめておくようにしましょう。

相手に謝るときは表情や仕草などが見えるので直接顔を合わせて謝るのがおすすめです。
しかし、相手の顔を見ると冷静になれそうにない場合やどうしても謝罪の言葉を口に出しにくい場合もあります。
そういったときは電話やLINEなどを使って謝ってみるのも一つの手段です。
また謝罪の言葉を口に出しにくいのであれば、手をつなぐなど物理的に距離を縮めるようにしてみるようにしてみましょう。

そして直接謝る場合も電話やLINEなどを利用して謝る場合も相手に対して感情的になりすぎるのはやめましょう。
特に相手を責めるような言動や振る舞いをすると修復不可能なところまでこじれることもあります。
また「でも」や「だって」のように言い訳に聞こえるような謝り方をすると自分では悪いと思っていても相手にとっては自分を正当化しているように聞こえてしまう場合もあります。
これ以上2人の仲をこじれさせないためにも言い訳に聞こえそうな言葉は口にしないことをおすすめします。

Page Top