前へ
次へ

彼氏に重いと思われてしまう行動

自分はただ単に相手に尽くしているつもりだったのに、交際相手から「重すぎてもう付き合えない」といわれてしまったという経験はないでしょうか。
ちなみに彼女のどういった行動を相手は重いと感じるのでしょうか。

例えば毎日連絡を取っていないと不安になったり、返事が来ないと怒ったりする彼女のことを男性は重いと感じるようです。
自分にも仕事や人付き合いもありますし、自由な時間だってほしいのに頻繁に連絡が来たり、返事が返ってこないと怒るような相手では安らぐことができず、彼女の存在が重すぎると感じられてしまうようです。

相手のことが気になるのは分かりますが、相手の忙しさをちゃんと理解したうえでメールなどの返事が遅くてもせかしすぎないようにしましょう。
どうしてもある程度やりとりをしたいのであれば、相手が忙しくない時間帯に合わせて連絡を取るなどこちら側も工夫をした方がよさそうです。

また、相手のプライベートや行動を根掘り葉掘り聞いたり、どこにいるかをしつこく聞くのは避けるようにしましょう。
相手のことなら何でも知っておきたいと思う気持ちもあるかもしれませんが、監視されたり束縛されすぎると相手にとって自分の存在が息苦しくなってしまいます。
そういったことも踏まえて相手と接するように意識をすると相手に自分の存在を重く感じさせずに済みます。
また最近はSNSなどもあるため、相手の1日の行動をある程度見ることはできますが、それを気にしすぎる彼女も重いと感じられることが多いようです。

このようにあまりにも彼氏に対して束縛をしてしまったり相手のプライベートを考えずにふるまったりすると、相手にとって自分の存在が重く感じられてしまいます。
そういったことにならないためには、「相手の都合を考えずに自分の気持ちばかりを押し付けていないか」「何もかも知りたいと相手の行動を監視するようなことをしていないか」など自分の行動や言動を見直してみましょう。
自分が重い存在になっているのかどうかがうまく判断できないというのであれば、今まで自分が相手にしてきた行動をされたときに自分がどう思うかを判断基準にしたうえで少しでも嫌だと思ったことややりすぎたと思うことはやめるようにすることをおすすめします。

当たり前ですが、じぶんにはもちろん相手にもプライバシーや都合はありますし意志や考えもあります。
交際相手のことを知りたいと考えること自体は悪いことではありませんが、すべてを自分の思い通りにしようと考えて行動を束縛したりするのはやめておくようにしましょう。

Page Top