前へ
次へ

交際相手を上手にデートに誘いたい人におすすめの方法・誘った後の注意点

交際相手をデートに誘いたいのに、どう切り出せばいいのかわからない、なかなかOKを貰えないということはないでしょうか。
そんな時はいくつかの点に注意すると相手からOKを貰える確率を高くすることができます。

まず、初めて相手とデートをする時におすすめなのが、夜ではなく昼間のデートを提案してみることです。
夜よりも比較的予定が空いていることもあるので、OKを貰える確率を高くすることができます。
また、慎重なタイプの女性だと付き合い始めたばかりの男性と夜に出かけることに対してためらっていることもあります。
相手がそういったタイプである場合は特に昼間のデートのお誘いは効果的でしょう。

また「ドア・イン・ザ・フェイス」という方法は断られてしまった場合にも使いやすいおすすめの方法です。
これは最初に少しハードルが高めの内容で誘い、断られた場合に少し譲歩したうえで先ほどよりもハードルの低い内容で改めて相手を誘い直すという方法です。
こうすると譲歩してくれているからちょっとくらいなら…と相手が思ってくれるのでOK を貰える確率が高くなります。
ただし、場合によっては相手にしつこいという印象を与えてしまいますし、何度も使える手段ではないので注意しましょう。

2回目以降のデートの誘い方で困っているときにおすすめなのが、誘いたいお相手が好きなものに絡めて切り出す方法です。
つまり誘いたい相手が好きそうなイベントやお店があればこういうイベントや人気のお店があるのだけれど一緒にどうですか?というようにすると自然ですし、OKをしてもらえる確率は高くなります。
そのためには最初のデートの際に相手がどんなものが好きかを聞いたうえで、好きだと言っていたものをちゃんと覚えておきましょう。
相手が好きそうなイベントやお店を探す時の参考になるのはもちろんですが、自分が話していた内容を覚えてくれているというだけでも相手へ好印象を与えられるチャンスになります。

また、場所を選ぶ際に初デートとはちょっと違う雰囲気の場所へ誘うのもおすすめです。
1度目と同じ場所だと断られてしまう可能性が高いですが、場所や雰囲気が違うだけでもOKを貰えることもあります。
また、相手の1回目のデートとは違う一面も見られる可能性があるという点でもおすすめです。

最後にデートに誘った後の注意点ですが、事前に行く場所への行き先などの下調べは誘った方がきちんとしておきましょう。
段取りが良くないと気まずいですし、2人ともイライラする原因にもなります。
また行き先は決まっているけれどちょっと時間が余る、もうちょっと一緒にいたいという時のことを考えて2軒目なども調べておくと楽しくデートができそうです。

Page Top